7月25日はなんの日?スピーチ、朝礼、雑学に役立つ「今日」をご紹介

こんにちは、いべとれです。

7月25日はどんな日でしょうか。記念日、イベント、出来事、有名人の誕生日や旧暦などの情報、その他雑学などをまとめました。

スピーチのネタや話題づくりなどに活用ください。

スポンサーリンク
スポンサーリンク




7月25日の誕生花

7月25日の誕生花は「スイセンノウ」で、花言葉は「ウィット」です。

「スイセンノウ」は南ヨーロッパ原産で、株全体が柔らかい白毛で覆われています。

フランネルの生地に風合いに似ていることから、「フランネルソウ」とも呼ばれます。

2020年の7月25日の旧暦、六曜、節気情報

旧暦 7/5
干支 己巳
読み方 つちのとみ
六曜 仏滅
意味 ぶつめつ。この日に開店、移転など、新しくことを起こすのは忌むべき日。
二十四節気
雑節・行事
月齢 4.4
1年の何日目 207

※正午の月齢を表しています。

7月25日が誕生日の有名人

  • ジャガー 横田
  • 高島 礼子
  • 西尾 由佳理

7月25日の記念日、出来事

うま味調味料の日

化学者で東京帝国理科大学(現在の東京大学理学部)教授の池田菊苗博士が、昆布の「うま味」成分の研究により、「うま味」の主成分がアミノ酸の一種であるグルタミン酸であることをつきとめました。

1908(明治41)年7月25日、「グルタミン酸塩を主成分とせる調味料製造法」の特許を取得した事から、「うま味調味料の日」として制定されました。

翌年に鈴木製薬所(現在の味の素株式会社)により生産され、新調味料は今の「味の素」になりました。

体外受精の日

1978(昭和53)年、イギリス・マンチェスターの北東のオールダム総合病院で世界初の体外受精児が誕生した事から、体外受精の日として制定されました。

知覚過敏の日

知覚過敏の改善に取り組む薬品会社、「グラクソ・スミスクライン株式会社のブランド「シュミテクト」が制定した記念日です。

7月25日なのは「な(7)つ(2)氷(5)」から「かき氷の日」とされていたことから、かき氷を食べると歯にしみるのが知覚過敏であるということから、この日に制定されました。

知覚過敏は虫歯ではないのに冷たいものがしみたり、歯ブラシが当たると痛いと感じる症状で、シュミテクトはそうした知覚過敏に効果のある歯磨き粉として販売されています。

スポンサーリンク
スポンサーリンク